電車遅延による”民事賠償”と”刑事罰”について|イタズラは許されない行為です

非常に気になるこの話題について説明しましょう。

電車の遅延です。

電車が遅れることは多々ありますが、その理由もついても様々です。そこで注目していきたいのが電車を遅延させてしまったことで賠償責任はどうなるのか、という点です。

会社に遅れてしまった、用事が間に合わなくなったなどありますよね。

今回はこの「電車遅延の賠償と刑罰」について説明していきたいと思います。

電車の遅延について

電車遅延させる行為といっても色々あります。

体調が悪くなり倒れてしまったため周りの乗客が次の駅で止まるように車掌に報告し、急行にも関わらず停車予定のない駅での停車によって遅延させた場合や、電車内での迷惑行為、例えば痴漢などの性犯罪によって、痴漢被害者が緊急停止ボタンを押して、電車を停車させた場合など。

全く本人の意思とは関係なく遅延してしまう場合があります。

先ほどの痴漢の場合は、迷惑防止条例や強制わいせつなどで、他の犯罪の結果として遅延させてしまったのですからそれはそれで別問題です。

しかし、遅延させてしまった事自体に対しては刑事罰はないのです。

最初の体調不良などの場合は防ぐ方法がないのでこれも刑事罰は無論のこと、民事賠償をされることはないでしょう。これについては誰にでも可能性があるので仕方ないです。

多くの人が「これは賠償だろ」と思うこともありますが、意外とそうでもないようですね。

ただ、悪質なものにはしっかりと賠償と刑事罰があります。

スポンサードリンク

イタズラによって遅延

もっとも気になるのはこれですかね。

例えば電車がくる線路にゴミ箱を投げ入れ電車を緊急停車させた場合です。

これは完全に往来危険というような刑法犯罪となります。

実はこのイタズラ遅延は最近問題になっています。この場合の民事賠償です。具体的に金額は場合により異なりますが、イタズラの場合は、JRも各私鉄もかなり厳しく請求するようですね。

これは、一種の見せしめのための請求です。

これを請求せずにいればまた同じ事をする輩がでてきますので、それをさせないために厳しくやっているそうです。刑罰については、それぞれの場合があり、往来危険から、威力業務妨害、義兄業務妨害など様々な形態の悪戯がありますので、一概にどの犯罪になるかはわからずケースによりますね。

しかし、電車や線路にイタズラをするのは非常に危険な行為です。

絶対に辞めるべきでしょう。

 

ねねねの一言

最近いろいろなところで問題となっています。

特にイタズラは非常に危険です。

最初はちょっとした出来心でしょうが、その出来心で人生を棒に振ってしまう可能性があります。電車だけでなく、道路などの交通機関にイタズラをすると信じられない賠償金額、さらには刑事罰があります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る