靖国神社のトイレ爆発にIS(イスラム国)が関与している可能性は?

LINEで送る
Pocket

信じられない事件が起こりました。

靖国神社の公衆トイレで「爆発音があり、煙が出ている」と110番がありました。警察庁が調べてみると男性用個室の床に複数の電池が散乱し、ケースに焼けたような跡がありました。靖国神社を狙った犯行として捜査されています。

この事件が思い出させるのはパリのテロ事件です。

日本が標的にされるかもしれないという声が高まっていますが、この事件にはIS(イスラム国)が関与しているのでしょうか?

靖国神社のトイレ爆発事件

まずはこの事件について振り返りましょう。

11月23日の午前10時ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社敷地内の公衆トイレで「爆発音があり、煙が出ている」と110番がありました。

通報を受けて警察庁が調べると、男性用個室の床に複数の電池が散乱し、ケースに焼けたような跡があったことが判明しました。トイレには金属パイプのようなものも見つかったが、爆発した形跡はなかったとのことです。

その爆発音の原因は現在もまだ不明です。

公衆トイレの個室には、複数の種類の電池と電池ケースなど時限式の起爆装置とみられるものが落ちていた。天井には人為的に開けられたような穴があり、天井裏からパイプが4本束ねられた状態で見つかりました。

しかし今回の事件ですが、爆発の少し前にトイレの近くで紙袋を持った不審な男の姿が防犯カメラに映っていたことがわかっています。今後はカメラの調査をして、犯人の特定を進めていく方針です。

早期の逮捕を望みたいですね。

また、その目的についてもしっかりと追及してほしいところです。

スポンサードリンク

ISの関与は?

気になる最大のポイントはここですね。

パリの事件を受けて世界的に緊張している状態です。テロ行為を警戒している国々が多くなっています。日本もそのひとつです。

さて、今回の事件についてですがいろいろな噂がされています。

しかし今回は”関与していない可能性が高い”とみていいでしょう。

何故ならISなのだとしたら狙いが地味だからです。パリであれだけ派手に行ったにも関わらず、日本では靖国神社のトイレだけというのはおかしな話ですよね。警察としても何者かが過激派の手口を模倣した可能性もあるとみて映像を分析するなどして捜査を進めている状態です。

恐らく無関係でしょう。

ただ、この事件で日本人は防衛意識をさらに強めるべきです。

テロが決して他人事ではなく、日本国内でも可能性があるということを認識する必要があります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る