香川県観音寺郵便局の元女性社員23歳が逮捕|郵便物の隠匿罪って?

驚きの事件が発生しました。

香川県観音寺市の観音寺郵便局の女性社員が自宅などに約2万9000通の郵便物を隠していたことがわかりました。この事件で隠していた元女性社員が逮捕となりました。

これはちょっと悪質ですね。

その中には大切な郵便物もあったでしょう。しかし、よくもこれだけ隠せましたね。

香川県観音寺郵便局の元女性社員23歳が配達せず逮捕

さて、この問題を振り返っていきましょう。

香川県の郵便局に勤めていた23歳の女が、郵便法違反の疑いで逮捕されました。23歳女性の容疑者は10月、自分の車や社宅に、市内の業者が出したダイレクトメール293通を配達せずに隠し持っていた疑いが持たれています。

容疑者は2013年から2015年の11月まで勤務しており、その期間の間には莫大な量の郵便物を隠匿していたことがわかりました。

その数は約2万9000通です

元女性社員は容疑を認めています。隠匿していた郵便物については社宅や自家用車の中などに隠し持っていたとのこと。郵便局から被害届が出されていて判明しました。

動機に関しては「やる気がなくなった」とのことです。郵便局の社員が郵便物を隠匿、破棄した事件としては民営化以降過去最多となります。郵便局は11月17日付で同容疑者を懲戒解雇したと発表。

スポンサードリンク

郵便物の隠匿罪って?

今年だけでもかなりの数の郵便局員による不祥事が発覚しています。

今回のケースだけでなく、2015年は様々な隠匿がありました。郵便物が届かなくて困ったという経験がある人も多いでしょう。

盛岡で500通が隠匿

福島で郵便物が隠匿

山口で3000通が未配達

三重で422通が隠匿

兵庫で、女性の履歴書が入った郵便を配達しない

今回以外でも2015年は様々な未配達&隠匿事件がありました。何故かメディアで取り上げられていない事件が多いので知らなかったという人も多いでしょう

これらは郵便物隠匿罪となります。

郵便物を故意に隠すと信書隠匿罪、特別法である郵便法という法律が適用されます。

この郵便法77条によると、郵便事業株式会社が取扱中の「郵便物を正当の事由なく隠した場合は、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となります。

こちらの郵便法ですが、刑法よりも重い刑罰となっています。郵便局員が逮捕された場合は郵便法により処罰されることになります。

 

ねねねの感想

配らずに隠し持っているというのは一番やってはいけないことです。

面倒だったり、ノルマが苦しかったり、いろいろと気になることもあるでしょうが郵便物の中には非常に重要な内容のものが多々あります。

今回のケースでは約2万9000通と大変多い数で、その中には人生を左右するような郵便物があったでしょう。

2年間放置した責任は重いですね。個人の行為とのことですが、郵便局自体の管理問題ともなりそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る