高校野球”甲子園”2015年の夏は100年目!王貞治会長が始球式を務める!

喜ばしいNEWSです。

夏の風物詩といえる甲子園です。

日本高野連は大阪市内で会見を行い、2015年の高校野球選手権は100周年の記念事業として、全国高校野球選手権大会開幕日の始球式を王貞治ソフトバンク球団会長が務めることを発表しました。

100年目の甲子園で王貞治会長が始球式

甲子園が100年目となります。

第97回全国高等学校野球選手権大会ですが、こちらの大会は1915年に第1回全国中等学校優勝野球大会が開催されてからちょうど100年となります。

大会開幕日の始球式は、高校時代に早実のエースだった王貞治ソフトバンク球団会長が務めることになりました。

王貞治会長といえばプロ野球でのイメージが強いですよね。

しかも大打者です。

世界の王と称され、世界で最も本塁打(通算本塁打868本)を放っている選手であることは多くの人がご存じでしょう。初めて国民栄誉賞を受賞した人物であり、2010年には文化功労者として顕彰されたことでも有名ですね。

その王会長ですが、高校時代は投手でした。

早実高等部時代、1年生の秋よりエースとなります。2年夏の甲子園では2回戦の寝屋川高校戦で延長11回を完投し、ノーヒットノーランを達成しています。延長戦でのノーヒットノーラン達成は、甲子園では春夏を通じて唯一の記録です。

凄い投手だったことがわかりますね。世代的にリアルタイムで見れなかったのが残念です。

3年生時の選抜大会では打者としても活躍し、30年ぶりとなる2試合連続本塁打を放ちました。それからは打者としてシフトし、ご存じのように歴史に名を残す大打者となっていきました。

これは余談でしたかね。

とはいえ、これは非常に適役ではないでしょうか。

素晴らしい人選ですね。プロ野球OBの方としては初めてのことです。ちなみに王会長が甲子園のマウンドに立つのは高校以来のようですね。どのような投球をみせてくれるか楽しみです。

スポンサードリンク

ねねねの感想

いい人選ですね。

100年の歴史にふさわしいと思います。

高校野球が、日本の野球の発展を支えてきたのは確かな事ですね。最近ではプロ野球は他のスポーツに押されていますが、どこかで息を吹き返してほしいところです。

今回の始球式もそういったきっかけの一つになる可能性がありますね。

個人的にもその始球式観たいですから(笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る