鳥越俊太郎氏が都知事選に出馬、体調面で不安が残ることが気がかり

LINEで送る
Pocket

ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が都知事選に出馬を決めました。

民進、共産、社民、生活の野党4党の統一候補となります。

76歳という高齢という点が気になりますね。オリンピックが開催される頃には80歳となり、体調面がとても気がかりです。

鳥越俊太郎氏が都知事選に出馬

野党4党は7月14日告示の東京都知事選に、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を擁立する方針を固めました。

そして12日に正式に出馬を表明しました。これにともなって予定されていた古賀氏の出馬を取り下げました。

鳥越氏は九州の出身ですが、30年以上東京で暮らしています。会見では「生まれは九州。九州なまりが消えない都民だが、東京には30年は住んでいる。都民の資格は持っているつもりだ」と語っています。

野党としては知名度のある人物を擁立といったところでしょうか。

ただ、急な出馬だったことは問題となりそうです。具体的な政策は準備不足のためになく、苦戦を強いられることになりそうです。

政策はなかったものの会見では「住んで良し、働いて良し、環境に良しの“3つの良し”を持つ東京都に全力を捧げたい」と意気込みを語りました。

出馬に際してですが、民進党から出馬の打診があったのではなく自分で手を挙げたようですね。改憲勢力が3分の2を超えた参院選の結果に危機感を感じたことがきっかけとなったようです。

スポンサードリンク

気になるのは体調

心配なのはこの点です。

都民からしてみたら「長期的に都知事として頑張ってほしい」というのがあるでしょう。ここ最近の都知事は、猪瀬氏、舛添氏と連続で短い任期の知事でした。

そこに来て鳥越氏です。

鳥越氏の年齢は76歳で、とても高齢です。しかもただ高齢なだけでなく、過去に数回”がん”の手術をしています。都知事の任期は普通にいけば4年であり、仮に鳥越氏の場合ですと80歳になります。

過去に石原慎太郎都知事が80歳まで務めて辞任しましたが、石原氏の場合は4期ありました。すでに長い時間をかけて都知事の職務について理解を深めた後であり、単純に鳥越氏と比較するのは軽率でしょう。都民としては素敵な知事に2期以上やってほしいでしょうし。

短期の知事が続いた都民としては安定して務められる知事を求めており、その辺りが選挙にどう影響するのか楽しみですね。とはいえ、知名度は高いので中々おもしろい戦いになりそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る