2015大阪W(ダブル)選挙の得票数について|維新の党が勝利も投票率が低い

大阪だけでなく全国が注目したこの選挙。

11月22日に投開票された大阪府知事選と大阪市長選のダブル選挙の投票結果が出ました。

焦点となったのは自民党と維新の会の対決でしょう。維新が掲げる「大阪都構想」がどうなるのか、それが問われる選挙でもありました。当時は橋下市長が市長を辞職しましたが、その後に維新の党から離脱して再び地域政党「大阪維新の会」を立ち上げ直しました。

2015大阪W(ダブル)選挙の得票数

任期満了に伴う大阪府知事選挙と大阪市長選挙は11月22日に投票が行われ、知事選挙では現職の松井一郎氏が、市長選挙では新人の吉村洋文氏が、それぞれ当選するという結果になりました。

大阪維新の会が、自民党や民主党、共産党が推す候補を破ったということですね。維新の会が大阪府知事と大阪市長を確保することになりました。

それでは得票差をご覧ください。

☆大阪府知事選挙の開票結果

全体得票数:314万3859票

▽松井一郎(大維・現)当選、202万5387票。
▽栗原貴子(無・新)105万1174票。
▽美馬幸則(無・新)8万2601票。

 

☆大阪市長選挙の開票結果

全体得票数:105万4750票

▽吉村洋文(大維・新)当選、59万6045票。
▽柳本顕(無・新)40万6595票。
▽中川暢三(無・新)3万5019票。
▽高尾英尚(無・新)1万8807票。

このような結果となりました。

維新の大勝利といっていいでしょう。知事選挙では倍近い差があり、市長選挙でも当選を果たした吉村氏がぶっちぎりであることがわかります。大差の完勝といっていいでしょう。

スポンサードリンク

投票率が低いことが残念

維新の完勝でした。

しかし、問題が全くなかったわけではないです。投票率が非常に低かったことは大きな問題点として取り上げるべきでしょう。

今回の大阪ダブル選挙の投票率ですが、今回の投票率は50.51%でした。

これは2011年のダブル選挙の投票率60.92%を10.41%も下回りました。

仕事が忙しかったり、家事で忙しかったり、あるいはやむを得ない用事があったり、それぞれ事情はあるとは思いますが流石に投票率が低すぎるといっていいでしょう。大阪の未来だけでなく、日本の未来についても「大阪都構想」は考えるべきところです。それにも拘わらず半分程度しか投票に行っていないのはどうなのでしょうか。

そういえば以前の大阪都構想では多くの高齢者が反対し、結局はダメになりました。しかし若者は圧倒的に賛成票を投じていました。

では、今回の市長選挙の年代別の結果です。

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

今回も若者は維新を支持しています。

今後の維新の会の課題としては高齢者たちを取り込むことでしょう。そうすれば以前は却下された都構想も通せる可能性が高くなります。

ただ、個人的にはやっぱり投票率が低いのが残念でならない。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る