2015年シーズン横浜DeNAベイスターズが強い!躍進の理由はどこにある?

横浜DeNAベイスターズが絶好調です。

セリーグのトップをひた走っていますね。今年は接戦に強く、打撃面でも投手面でも盤石という戦いぶりが目立ちますね。ベイスターズはここ数年最下位常連となっていましたが、2015年はこれまでの戦いぶりが嘘のようです。

この理由はどこにあるのでしょう。

 

今年のベイスターズが好調な理由は?

ここまで横浜DeNAベイスターズが好調である理由は、何と言っても投手陣の成績が向上しているためという部分にあります。打つ方については元から優れている所が多く、何度も逆転試合がありました。

これは毎年おなじでしたね。

打撃面ではタイトルホルダーが出るのに、投手陣が弱いことは周知の事実でした。

これまでは投手陣が試合を崩してしまい、一気に点を取られるケースが多くありました。特に終盤になると次々失点をする傾向があり、9回までひやひやしながら見ていなければならない試合が数多く存在しました。

しかし2015年ののベイスターズは、先発から中継ぎまで安定した成績を残しており、大量失点で負ける試合が減りました。大きな連敗をした後、1つ勝てたことで安定するようになり、昨年までのように大量失点ゲームが続くようなことも無くなりました。

連敗で流れを逸脱しない、これがベイスターズが好調な理由でしょう。

投手陣の安定なくして、ここまでの成績は上げられなかったはずです。それくらい後ろの安定感が増したこと、先発の負担が軽減されていることは大きな要因です。

 

スポンサードリンク

現時点で目立っている選手

現時点でMVPを上げるとすれば、色々な選手が浮かび上がってきます。

打つ方ではやはり筒香嘉智選手だと思いますが、ロペス選手も捨てがたい所です。

ロペス選手がいるからこそ筒香選手がしっかり打てているような気します。後に繋ぐという意識を持てる人がいるから、好調な成績を挙げられているのでしょう。またロペス選手もも一時期不調になっていたとは言え、巨人1年目と同じような成績を上げています。

このまましっかりと好調を維持してくれれば、確実に点数が取れる打線になってくれますね。

投げる方では、ルーキーの山﨑康晃選手の加入が非常に大きいですし、現時点では一番MVPと言える存在でしょう。

抑えと中継ぎに苦しんでいたベイスターズにとって、これほど安定した投球を続けてくれる選手はいませんね。伸びのあるストレートと、落差の大きいツーシームは、打つことが難しいように感じます。

もう1人上げるとすれば、中継ぎの田中健二朗選手です。

昨年までは敗戦処理的な投手であり、今年駄目なら戦力外でもおかしくないかなと思っていましたが、ここまで安定するとは想定外でした。今では立派な勝利の方程式の1人であり、欠かせない存在となっています。

投手陣の好調がどこまで続くかはわかりませんが、不調に陥りそうになったら、打つ方がカバーしていけば更に勝利数を増やせると思います。

 

ねねねの感想

ベイスターズ強いですよね。

今年は優勝の可能性も十分にありそうです。

とはいえ、まだまだシーズン序盤です。ここからどのような戦いが展開されるか楽しみです。今年のシーズンは予想が外れたという方も多いでしょう。

最後までもつれそうな気がします(苦笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る