2015年プロ野球交流戦の優勝予想!

始まりました、2015年のプロ野球交流戦。

毎年ペナントの結果に大きな影響を及ぼすのが、この交流戦です。交流戦で勢いをつけるチーム、逆に勢いを失って敗退していくチームと様々ドラマを生み出しますね。

さて、ここで今回は交流戦の優勝予想を5人の野球ファンにしてもらいました。たった5人ですが、優勝経験の豊富なソフトバンクが注目のポイントとなりそうです。

2015年度のプロ野球交流戦優勝予想

2015年のプロ野球の交流戦優勝チームはソフトバンクだと思います。

これまでの10年間の交流戦でも圧倒的な強さを見せ、何度も優勝をしていますし、今年も濃厚だと思います。

もしソフトバンクではないにしてもパのチームが優勝する可能性が高いでしょう。セは巨人以外は優勝をしたことがないので正直あまり優勝できる感じがしないです。ソフトバンクは投手力も打撃力もすごいので”セ”を圧倒すると思います。何か交流戦になるとシーズン中で一番調子がいいくらいよく打ち、よく勝つような感じが毎年します。

さらにソフトバンクは広島をかなりの得意としているので、今年も広島がソフトバンクに、いつものように負けてしまうようなことがあればなおさらのこと優勝に近い球団になるはずです。ある意味ソフトバンクの優勝するかもしれないカギは広島が握っていると言ってもいいでしょう。

できることならば、セの巨人以外のまだ優勝したことがないチームに優勝してもらいたいと個人的には思います。

交流戦の優勝予想は巨人です

今年も始まったセパのプロ野球交流戦ですが、打のパリーグと投のセリーグという構図になっているように思います。

セリーグは投手がいいので、今年はセリーグが上位に来るのではないかと想像しています。その中での優勝予想となると、巨人であると思います。ようやく戦力が整った巨人であり、投打のバランスが実によいです。

打つ方では坂本が戻ってきて絶好調、チャンスに強いところを見せていますし、不振だった長野も調子を上げてきました。そして阿部は特大ホームランと好調ですのでこの3人が活躍する今の巨人はかなり強いです。

同時に投げる方では髙木、菅野、そして杉内が安定していますのでこの3人が崩れることなく試合を作ればそう簡単には負けないように思います。そして抑えには沢村がいますので、勝つための戦力は十分にあるのです。

野球は予想はできても、実際にやってみないと結果はわからないのですが、今の巨人はかなり強いです。3連勝で突入したこともプラス要素です。

スポンサードリンク

今年の象徴のチャンスに強い強力打線が見ものです。

今年の交流戦の優勝はソフトバンクと言いたいところですが、気持ちを込めてDeNAにしようかと思います。

ソフトバンクが強いことは承知しているのでが、今年のDeNAの快進撃と4番筒香の働き、抑えの山崎につなぐという勝ち方が実践出来ているチームです。形にはまっている状態の時は、どんな局面でもそこに持ち込めば何とかなるという、チーム全体に強い気持ちが続くのでその気持ちが強さに変っています。

それを象徴するように、逆転勝ちが多い今年のDeNAの戦い方は、相手チームからしてもミスが出来ないという気持ちにさせられるのです。

ソフトバンクの課題は、4番の課題と思います。

今は、李がいるのですから4番はそこに落ち着いて行けばとは思います。内川選手の4番は多少違和感が有りますし、日本では4番意識というのがとても強いのですから、チームの大砲として一番の長距離砲を置くのは当然のことなのです。

3番に内川選手がいることで、チームの動きが良くなると思います。巨人のお株を買う、強力打線を看板に両チームには頑張って欲しいなと思いますね。

優勝は日本ハム

私は交流戦の優勝チームはズバリ日本ハムです。

現在パリーグ首位の日本ハムですが意外と先発投手にゆとりがあるのが一番の理由です。中継ぎ陣に若干疲れが見え始めているのは気になるところではありますが、中田選手を中心とした打撃陣がそれをカバーできると思っています。

また走力のある選手が多いのも日本ハムの最大の魅力です。

足にスランプはないという言葉を聞きますが、それを考えると日本ハムの選手の走力は12球団一ではないでしょうか。このまま西川選手、中島選手、岡選手がコンスタントに試合に出続ければ3人で120盗塁以上も夢ではないと思います。このような理由で日本ハムが優勝としました。

日本ハムと優勝を争いそうなのがソフトバンクと巨人です。圧倒的な選手層を誇っているチーム達なので安定感は抜群です。この3チームを中心に交流戦が繰り広げられると考えます。ただ、今年はシーズン予想が当たっていないので不安です。

交流戦の激戦を制するのは?

2005年から始まったプロ野球の交流戦。

それまでは日本シリーズに出場しないと見ることが出来なかったセリーグとパリーグの戦いが今年で11年目に入ります。最多優勝者は4度の優勝を誇る福岡ソフトバンクホークスです。

昨年は読売ジャイアンツが優勝しましたが、今年は福岡ソフトバンクホークスが優勝すると思います。

理由としまして、交流戦はリーグと違い戦力差よりもセリーグ、パリーグの相性によるものが大きいからです。2015年の前半戦は2位で折り返しているホークスですが、その選手の質や層の厚さなどは12球団の中でも1,2位を争う高さだと感じます。

その安定した強さに加わりセリーグとの相性も良く今までの交流戦順位の上位の常連となっています。セリーグの球団はパリーグの球団に総合的に負け越している感じがするのですが、その中でもホークスはダントツに強いと思います。投球、打撃、走塁、守備、采配どれをとっても欠点がなく、今年から新たに配属された工藤新監督も注目が集まており非常に楽しみな結果になると予想します。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る