2016年問題とは?ライブに放射能など影響は多岐に渡る模様

LINEで送る
Pocket

2016年になりました。

注目されている行事といえば8月に行われるリオ五輪などがそうですが、実は日本国内で持ち上がっている”2016年問題”という大きな問題が存在することをご存じでしょうか?

音楽業界が大きくかかわってくる問題なのですが、実はそれ以外にも考える余地が多くある「2016年問題」です。

2016年問題とは?

2016年問題で大きくかかわってくるのは「東京オリンピック」です。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック。この東京オリンピックに向けて、東京都内や首都圏の劇場やコンサートホールが改修工事などのために閉鎖し、コンサート用の施設が不足すると指摘されている問題です。

簡単にいえば東京オリンピックのため、店を綺麗にするために準備をする一時閉鎖する期間というわけですね。

具体的にどうなるのか、といえば「ライブの数が減る」と予想されています。

それだけではなく、大型施設の改修や建て替えが重なる年でもあります。その為、ライブだけでなく伝統芸能の公演会場を予約できなくなってしまうと言われています。2016年問題は以前から言われており、劇場によっては改修工事の時期をズラしたいと考えているところもあるようですが、それでも東京オリンピックが控えているので避けられない問題です。

すでに影響が出ており、全体的に会場不足が深刻化している状態です。

ライブの人気は年々増加しており、2014年の観客動員数は2008年の2倍となっています。テレビ離れ、あるいは音楽離れは言われていることですがライブは需要が高まっているのが現実です。

こちらの問題はすでに被害が出ています。乃木坂46はデビュー記念ライブの開催延期を決定しました。

ライブ会場は閉鎖ラッシュが続いています。

dsfafadsfafafa

音楽業界にとって厳しい数年が続きそうですね。

改修工事は1年で終わることもなく、2016年から工事が始まれば数年間ということが考えられます。

スポンサードリンク

別の角度からも2016年問題

2016年問題は音楽業界だけでなく、様々なところも発生しています。

具体的には・・・

☆就活

☆放射能

といった感じです。

2016年卒業予定者の採用から採用活動の解禁を大学3年生の3月に、採用選考の開始を大学4年の8月に変更となりました。最も大きな変化に就活はパニックとなりそうです。

さらに放射能についてですが、2011年の福島原発の事故に関係しています。福島放射能汚染疾患人数の爆発的増加予測の年と言われています。

この理由ですが、同様のように原発事故があった”チェルノブイリ原発事故”では4~5年後に子供の甲状腺癌の増加が確認されています。福島原発の事故でも同様のようになるのでは、と懸念されています。

これらはすでに決定、あるいは起こってしまったことであり、私たちが防ぐことが難しい問題です。

2016年は転機の多く、混乱の多い年になりそうです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る