2045年問題とは?2045年問題の対策はなにかある?

LINEで送る
Pocket

2045年問題をご存じでしょうか。

ざっくり言うと、2045年問題は2045年にはコンピューターの性能が人間の脳を超えるという予測です。

えっ、それのどこが問題なの?

実は大きな問題点があります。今回は2045年問題について説明し、さらにその問題に対しての対策があるのかを説明していきたいと思います。

 

2045年問題とは?

2045年問題について説明します。

コンピュータ技術が今のペースで発達し続けるとある地点で、人類の知能を超えます。究極の人工知能が誕生する2045年は技術的特異点なのです。

技術的特異点って?

技術的特異点は、「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったとき出現する。フューチャリストらによれば、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく強い人工知能やポストヒューマンであり、従ってこれまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。

この概念は、数学者ヴァーナー・ヴィンジと発明者でフューチャリストのレイ・カーツワイルにより初めて提示された。彼らは、意識を解放することで人類の科学技術の進展が生物学的限界を超えて加速すると予言した。意識の解放を実現する方法は、人間の脳を直接コンピュータネットワークに接続し計算能力を高めることだけに限らない。それ以前に、ポストヒューマンやAI(人工知能)の形成する文化が現生人類には理解できないものへと加速度的に変貌していくのである。カーツワイルはこの加速度的変貌がムーアの法則に代表される技術革新の指数関数的傾向に従うと考え、収穫加速の法則(Law of Accelerating Returns)と呼んだ。

特異点を肯定的に捉えその実現のために活動する人々がいる一方、特異点は危険で好ましくなくあってはならないと考える人々もいる。実際に特異点を発生させる方法や、特異点の影響、人類を危険な方向へ導くような特異点をどう避けるかなどが議論されている。

※wikiより引用※

これはまだ分かりにくいですよね。

コンピュータ技術が、今のペースで発達し続けるとある地点で、人類の知能を超える、究極の人工知能が誕生します。その人工知能(通称”AI”)が、更に自分よりも優秀な「AI」を開発し、更にその「AI」が、次のもっと優秀な「AI」を開発していきます。

そうすると、「AI」が「AI」を連鎖的に作り続け、爆発的スピードでテクノロジーを自己進化させます。

人間の頭脳レベルではもはや予測解読不可能な未来が訪れるというわけですね。

 

スポンサードリンク

2045年問題の対策

対策はあるのでしょうか?

先に結論から言うと、ないですね。

コンピュータ開発の技術は日々進歩しています。

そもそもコンピューターの性能自体は遥か昔に人間を超えているため、コンピューターと戦うことを考えても無駄です。電王戦がいい例じゃないでしょうか。

すでにコンピュータはプロ棋士と互角に戦っています。

対策としては、作り手を制御しなければならないですね。しかし作り手の制御など現実的ではないですよね。

 

ねねねの個人的な感想

 2045年問題とは恐ろしいですね。

しかしコンピュータが人類を超えるとは映画みたいで現実感がないですね(笑)

とはいえ、笑ってはいられない問題でしょう。ただ、あくまでこの問題は仮説ですね。実際に確実に発生すると決まったわけではありません。

現時点では人工知能自体が0から1を生むことは不可能と言われています。この点をクリアするほどの人工知能を生み出したら怖いですが・・・

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る