6月の花嫁ジューンブライドについて|伝わった由来と日本で流行っている理由

LINEで送る
Pocket

6月といえばジューンブライドですね。

他に浮かぶといえば「梅雨、祝日がない月」とあまりイメージが良くない6月ですが、このジューンブライドがイメージをアップさせているのではないでしょうか。

昨今は意識が薄れていますが、それでも女性からしたら憧れのひとつでしょう。

今回は「ジューンブライド」の由来などについて紹介していきます。さらに、日本で流行った理由についても見ていきたいと思います。

ジューンブライドの由来

ジューンブライドとは「6月の結婚、6月の花嫁」を意味しています。欧米では6月に結婚をすると、生涯幸せな結婚生活を送ることができるといわれていて、日本でも6月に結婚を考える人が増えています。

ジューンブライドには由来は一つだけではなく、いくつか由来があるといわれています。

女神説

6月の花嫁は幸せになれると言われるジューンブライドですがは、これは欧州から伝わってきたものです。

ローマでは6月の名月は「JUNO」と言われており、結婚や女性の権利を守護すると言う意味もあるようです。この言い伝えにより、この月に結婚すると幸せになれるといわれているのです。

ちなみに6月の月名「JUNO」の語源にもなっている女神ユノーですがギリシア神話では主神ゼウスの正妻・女神ヘラと呼ばれています。

6月は英語でJuneといわれていますが、Junoから来ている言葉と言われていて、ジューンブライドは6月の花嫁と言う意味になるのですが、幸せになる花嫁と言う意味も持っています。

6月に結婚式を挙げると女神ヘラの加護を受けて一生幸せになれるという言い伝えがありますね。

気候と季節説

次の由来は、気候や季節に関係しています。

日本では、6月と言えば梅雨の時期に入り、じめじめとした天気が続きます。しかし、ヨーロッパでの6月は1年の中で最も気候がよく、雨が少ないつきとも言われているのです。晴れていて、気候がいいときに皆から祝福されることによって、より幸福に慣れるのではないかと言うところから言い伝えられています。

ヨーロッパでは農作業の妨げとなるため、3月から5月の3ヶ月間は結婚することを禁じられており、解禁される6月には多くの人が結婚し、その分の祝福も盛大に行われてきたそうです。

祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろうと言い伝えられるようになったのです。

企業戦略説

夢のない説ですが、この説が日本で流行した最大の要因でしょう。

欧米で言い伝えられていたジューンブライドが、日本で流行るようになったのは「企業戦略」から始まったとも言われています。

6月のじめじめとした時期に結婚式を挙げようと思う人はなかなかおらず、企業成績が伸び悩んでいたことからジューンブライドの話題が出てきたそうです。この言葉を聞くと、梅雨の時期でも結婚式を挙げたがる人が多く、伝統や演技をかつぐ事を大切にする日本人にはたちまち当たり前のように広がって言ったのです。

信心深い日本人の心理をついた戦略といえますね。

企業に踊らされて結婚とはあまりいい気分じゃないので否定したいのですが、これが日本国内で流行した最大の要因なのは間違いないでしょう。

昔は、この時期の結婚式は気候など大変なことが多かったのです。

しかし今では式場などの空調設備もしっかりしているので、季節関係なく結婚式をする人が増えてきています。季節や気候に関係なく結婚式が行われるようになってきました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る