9月のシルバーウィークとは?2015年は9月19日~23日にあります

5月の連休といえばゴールデンウィークです。

しかし、最近の日本には”シルバーウィーク”という連休があります。数年前から名前を聞くようになったこの連休ですが、どういった意味合いでいつ作られたものか分からないですよね。

今回はこのシルバーウィークについて説明していきます。

シルバーウィークとは?

使用されるようになったのは最近のようですが、実際は1950年代に生まれた言葉です。

これは映画業界によって作成されたもので、秋にある”文化の日”を中心とした一定期間を指す宣伝用語です。ゴールデンウィークに対抗して作られた名前です。

現在では9月や10月の祝日&祭日が多い大型連休の通称です。2007年に検討されたもので、現行の祝日の日付を移すことで構想された大型連休のことです。当時は10月、あるいは11月に構想されていましたが現在では9月に落ち着きました。

9月になったのはハッピーマンデー制度に要因があります。

3連休を増やそうとするハッピーマンデー制度ですが、以前は9月15日に固定されていた「敬老の日」が2003年から9月の第3月曜日に移動しました。これにより敬老の日が9月第3月曜日になりました。

ただし、毎年必ずシルバーウィークが発生しているわけではありません。

近くにある秋分の日と土日が重なった場合に最大5連休となるのが”シルバーウィーク”です。3連休で終わってしまうこともあるので、発生することは稀ですね。ちなみに2009年と2015年がこのシルバーウィークとなります。15年の次は2026年までやってくることがないので貴重です。

スポンサードリンク

2015年のシルバーウィーク

上記のように2015年にはシルバーウィークが存在します。

日程は「9月19日~23日」の5日間です。

        9/17

 
18

 
19

 
20

 
21

敬老の日
22

国民の祝日
23

秋分の日
24

 
25

 
26

 

土日に続いて21日の月曜日が「敬老の日」で、22日が「国民の休日」、23日が「秋分の日」という並びで5連休となります。久しぶりのシルバーウィークです。休みの方も多いので、しっかりと堪能したいところです。次は9年後なので久しぶりの実施となりますね。

法律が制定されてから、6年ぶり2回目の「シルバーウイーク」です。

しかも今回は24日と25日に有給を取れれば最大で9連休にすることが可能です。それだけ休むと次に仕事行きたくなくなっちゃいますが、家族サービスも大事ですね。

連休にはイベントなども開催される地域があるので、出かけてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る