M-1グランプリの歴代王者(優勝者)と得点&視聴率について

2015年の12月に復活が決まったM-1グランプリ。

どのようなお笑いを見せてくれるのか本当に楽しみですね。

さて、今回はここで過去の優勝者について振り返っておきましょう。忘れてしまったという人も多いでしょう。しかし、振り返ってみると歴代優勝者は現在でもテレビで活躍中の方ばかりです。

優勝者の得点と共に紹介します。

M-1グランプリの歴代王者と得点について

では、さっそく見ていきましょう。

大会年数 優勝グループ 予選得点 最終得票
1 2001年 中川家 829点 6票
2 2002年 ますだおかだ 612点 5票
3 2003年 フットボールアワー 663点 4票
4 2004年 アンタッチャブル 673点 6票
5 2005年 ブラックマヨネーズ 659点 4票
6 2006年 チュートリアル 664点 7票
7 2007年 サンドウィッチマン 651点 4票
8 2008年 NON STYLE 644点 5票
9 2009年 パンクブーブー 651点 7票
10 2010年 笑い飯 668点 4票

このような結果となっていました。

現在でもテレビで見る芸人ばかりですね。最初は2001年ですが、覚えていない人も結構多いのではないでしょうか。

ただ、優勝者よりも準優勝者が売れた年もあります。優勝していなくても「オードリー、南海キャンディーズ」などはM-1グランプリで知名度を上げました。

2015年に復活するM-1ですが、5年ぶりの復活です。

歴史としては14年となりますね。

優勝者は脚光を浴びるでしょうが、それ以外にも見ていきたいところですね。思わぬ掘り出し物というか、注目されていなかったブレイク芸人が発見されるかもしれないですね。

スポンサードリンク

歴代視聴率について

さて、次に歴代の視聴率と審査員についてです。

これだけの年数が続いたことでわかりますが、視聴率は高く非常に関心が高い番組でした。毎年安定した高い数字を誇っています。

関東よりも関西が高いのは笑いに対しての熱意の差でしょうかね。

関東 関西
1 9.0% 21.6%
2 10.9% 17.5%
3 10.7% 20.6%
4 11.0% 18.0%
5 12.6% 22.4%
6 18.0% 31.1%
7 18.6% 30.4%
8 23.7% 35.0%
9 20.6% 30.3%
10 18.7% 23.4%

歴代の視聴率はこのようになっています。

第1回は知名度が低かったのでしょうがない部分もありますが、関西では20%超えという非常に高い視聴率を叩きだしました。

年々視聴率が上がっていき、第6回からは関東でも高い数字を叩きだしました。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る