NHK受信料をネット視聴でも徴収することについて寄せられた意見紹介

LINEで送る
Pocket

NHK受信料をネット視聴でも徴収ということが話題になっています。

まだまだ発言が出た程度のことなので、具体的には何も出ていないのではっきりしたことはわかりにくいですね。そもそもネット視聴とはどの程度のことで受信料を徴収なのか。youtubeのNHKの番組を見たら月額徴収なのか、NHKの番組をふつうに見て徴収なのか……

不鮮明な点も多くありますね。

さて、今回はこの「NHK受信料をネット視聴でも徴収すること」について意見をうかがいました。

ネット視聴でもNHK受信料

私は、NHKがネット視聴でも受信料を徴収することに非常に疑問を感じます。

そもそも自宅のテレビでもNHKと契約をしないと受信料を徴収することが不可能となっています。

そんな中、ネット視聴でも受信料を徴収するとなったら、まずどのような方法でネットでNHKを視聴している人を特定するのでしょうか。ネット環境にある人は非常にたくさんいます。

その人から、ネットでNHKを視聴している人を特定して、受信料を徴収するまでには、様々な難関が待っています。NHKは何としてでも受信料を徴収したいだろうと思いますが、現実的に困難なことが目に見えています。

このような状況にも関わらず、ネット視聴でもNHKは受信料を徴収することができるのか、これからの動向を見ていきたいと思います。

ネット視聴でもNHKはNHK

個人的には、ネット視聴でも受信料を徴収することは問題ないと考えます。

テレビを持たず、NHKを視聴する方法としてネットを使用しているならば徴収しても良いです。しかし、これを徴収できるのは納付者本人が”NHKを視聴する手段として、ネット視聴を行っている”と自覚している場合だけであることを付け加えておきます。

もし、たまたま誤って視聴した場合も徴収するならば、最初から有料の放送にするべきです。

受信料の未払いを常に訴えるNHKではありますが、誰でも・どこからでも視聴できる体制をとってしまっているNHKもやり方を考えるべきです。

むしろ、こんなに日本国民が受信料に納得できていないのは、その徴収方法にあると私は考えています。毎回、怪しい話しぶりで、不信感が生まれてしまいます。

受信料を徴収するのは当たり前です

私は余りNHKは見ませんが、大昔から受信料は払い続けています。

それは払う事が義務だと考えているからです。NHKというのは単なるテレビ放送の一チャンネルに過ぎず、災害や大事件が発生した時などに、長時間に渡って状況を伝える、大切なチャンネルとなって居ます。

民間放送と違ってCMが入りませんから、CMに邪魔されず絶え間なく放送できるのが特長です。

だからこそ私たち国民一人一人の協力が必要となって居るのです。

それはネットでNHKを視聴している人達も同じであると言えます。ですから私は、ネットでNHKを視聴している人達からも、受信料を徴収するのは当然であると思うのです。受信料は公平負担が何よりも大事でありますから、どのような形で視聴して居ようと、受信料を徴収するべきです。

スポンサードリンク

NHKの受信料はとったらダメ

NHKはネット視聴でも徴収しようとしていますよね。これはダメだと思います。

何か、どこからでも徴収してやろうというような意図が見え見えですごく嫌です。だってネット視聴で、NHKを見ていなかったとしても、ワンセグ機能がついているというだけで徴収しようとしているんですよ。

おかしすぎます。そんなことでは誰もNHKにお金を払おうとは思わないし、見ようとも思いません。ほかのテレビ局はお金を取っていないのに、何故NHKだけお金を取るのでしょうか。

それが不思議で仕方ありません。

そんなんだから誰も払いたくないし、払ってくれないのではないでしょうか。そして結果誰からでも取ってやろうという感じになるのでは。ネット視聴をしてようがお金を払う必要はないと思います。

NHKの番組の見るのであれば払うべき

私個人としては、数年前からテレビのない生活をしており、主にYouTubeを見て生活をしています。YouTubeの場合は自分の見たいものだけ見られるのがいいと思っています。

以前からテレビがないのにNHKの受信料を払ってくれと言われ続けて本当に嫌気がしました。

テレビがあったらたまにはNHKの番組を見る機会があるので払ってもいいかな?

と思っていました。NHKの受信料をネット視聴でも支払うべきかどうかは本当に難しい問題だと思います。ネット視聴と言ってもどのサイトで見るかで全然違うと思います。個人的にはYouTubeの様な動画視聴サービスの場合はNHKの受信料をとるべきではないと思ってます。

YouTubeでは番組全部が見れる訳でもないですし。

でもNHKのホームページに入ってNHKの番組を見る場合はNHKの受信料を払うべきだと思います。わざわざ自分から見たいと思って見ているのでそう思います。

選択肢は残しておいてほしい

NHK受信料が、インターネット配信のみでも徴収されることについて反対です。

今の時代、インターネット接続がないと生活が難しい時代になっています。お年寄り世代を除けば、ほとんどの人が携帯など何らかの形でインターネットに接続しています。しかし、ネットに接続したからといって、NHKを見るとは限りません。それなのに、一律受信料がかかるのは納得できません。

NHKについての法律ができたころは、国民が情報を得られる手段がすくなく、みんなで負担して誰でも必要な情報を得られるようにすることが必要だったかもしれません。

しかし、今はNHKからの情報がなくても、インターネットを使えばだれでも必要な情報を得ることができます。もちろん、テレビを設置してNHKを見る人は現状受信料は支払うべきだとは思いますが、テレビもNHKも必要ない人が受信料を払わないという選択肢を残しておくべきではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る