SMAPの今後(2016年とそれ以後の活動)を予想してみた

LINEで送る
Pocket

日本中を騒がせたSMAP解散報道。

フジテレビ系「SMAP×SMAP」の生放送で謝罪をし、存続となったわけですが今後の道のりを考えると不安でいっぱいです。そもそも生放送の謝罪というのも釈然としない場面が多かったですね。

芸能界の怖さがよくわかった会見でした。

存続となったSMAPですが、今後の活動は今まで通りとはいかなくなりそうです。

SMAPの今後はどうなるのか?

SMAP存続を各社が一斉に報じました。

マスコミ各社はジャニーズ事務所とのケンカを嫌って独立を図った4人と、そのマネージャーが完全に悪者のように報道しましたね。見ていて気分のいい報道ではなく、生放送の謝罪もどうして4人が謝罪したのか理解不能な方が大半だったようです。

生放送でジャニー喜多川社長や、激怒していたメリー喜多川副社長に謝罪して存続となりましたが前途は多難です。

そういった中でスポーツ報知がSMAPの今後について報じました。

これだけの騒動を招いた責任は、4人にもある。テレビ局関係者は「“裏切り行為”があったわけだから、何らかのペナルティーがないと、木村さんや他のタレントに示しがつかない」と話している。

謹慎ではないにせよ、一定期間の活動自粛を強いられることは避けられない。木村以外が活動自粛となれば、SMAPとしては事実上の活動休止となる。中居を筆頭に4人の仕事は多岐にわたる。

※http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000000-sph-entから一部抜粋※

と、報じました。

目を疑うような内容ですね。世間の声では4人に同情するものが圧倒的に多いのですが、これも芸能界の掟なのでしょうかね。

SMAPの契約は2016年9月いっぱいとなっています。その後、木村さん以外の4人は強制的に活動を自粛させられると報じています。他のメディアを覗いてみても「4人にはペナルティがある」という言葉を見つけられます。

今後を予想してみた

あくまでも個人の予想です。

結論からいえば「あまり変わらない」と考えています。

2016年の9月までは契約があるので、恐らくはそこまで何事もなかったように振る舞うでしょう。波風を立たせないように他の芸能人たちも何事もなかったように振る舞うでしょうね。

問題は契約が切れる10月以降です。

メディアでは脱退を図った4人にペナルティと言われていますが、個人的にはそれはどうかと思いますね。

世論では完全に4人を擁護する声が多いです。事務所が4人にペナルティを与えるといったら、世間からは「反対」という声が出るでしょう。その声が高まったらジャニーズ事務所としても、ペナルティは与えられないでしょう。

それをやってしまうとジャニーズ側に批判殺到することになります。いくら何でも世間からバッシング覚悟で表立ったことはないでしょう。

しかし、夏ごろに開催すると見られていたコンサートは中止&延期になる可能性が高いです。

さらにもう1つ、脱退を図った4人と残留を最初から明言をしていた木村さんとでは事務所内での待遇に差が生まれることは避けられません。その待遇の差がどれくらいなのかによりますが、再び似たような騒動に発展する可能性も十分あるでしょう。

スポンサードリンク

ねねねの感想

正直なところ気持ちが良くない結末でしたね。

今後は木村さんと4人の間で格差がつけられ、待遇面でいろいろな不遇などもされそうですね。

ジャニーズ事務所に残ったことは果たして吉となったのか、あるいは凶となったのか。未来のことはわからないのですが、今回の存続はよくも悪くも分岐点だった気がします。

個人的には「存続したことは喜ばしくない」ですね。

会見前までは微妙な考えでしたが、あの会見を見てスッキリした人がいたのでしょうか。今後の活動と待遇を考えたら解散していたほうが良かった気がしてならないです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 9月 28日

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る